ものおもいのほほん

ゆるゆるとおもいのまま

オリンピックもいいけどザック・スナイダーカット「ジャスティス・リーグ」もね

オリンピック始まりましたね

直前までトラブル続きで紆余曲折ありますが

金メダル目指して努力してきた結果を出すために世界各国の選手たちが集まって

来てくれたのでここは素直にテレビで日本だけではなく

各国選手を応援するべきでしょう…ニッポン !チャチャチャ

 

気になる種目や選手の活躍はとても気になるところ

しかしみなさん真面目な社会人ですから

毎日リアルタイムでは見られませんよね

ここはテレビ録画の予約しまくりですね

 

最近はホントに便利なものがありますね

ブルーレイレコーダーは都合のいい機能が満載です

3番組同時録画とか見たいテレビ局を選んで全番組を全部録画保存できるとか

まるでオリンピックを録画するための機能ですね

 

私は物好きなので…

実はいきなりオリンピックの開会式を録画しています

どうしてなのかというと その時間を使ってどうしても観たい映画があるからです

 ザック・スナイダーカット「ジャスティス・リーグです

予約してとっくに届いているのに

日々の仕事や用事で忙殺されて観るのを後回しにして…毎日クタクタです

気づけばなんとオリンピックが始まってしまいました

 

❝観るならこの4連休しかない❞という事で

オリンピックの開会式を録画に頼りその時間をジャスティスリーグに注いだわけです

 

劇場公開版はもちろん映画館で観賞しましたし(2017年11月公開)

ブルーレイも持ってるんです

 「同じ映画を2枚も買うなんて 物好きなヒト」と思われるかもしれませんが

外せない理由があります

 

それでもザックスナイダーカットを観たかった理由

2017年公開の「ジャスティスリーグ」なのですが

ザック・スナイダー監督の20歳の愛娘が自殺してしまい

あまりにも深い悲しみで製作途中で降板してしまったんです

…監督の途中交代などありえません

しかも同時に奥さんでプロデューサーでもあるデボラ・スナイダーも降板する事態に…更に絶句

 

後を引き継いだのが「アベンジャーズ」(2012年)のジョス・ウェドン監督

だったのですが そりゃあ時間のないところで他人が撮った映画をまとめるのは

やはり難しかったんでしょうね

例えばレオナルド・ダ・ヴィンチモナ・リザを私が描き直したら

モナリザ近所のおばちゃ・・・魅力的なマダムになってしまうのと同じことです

 

そのためか印象としてキャラクターの存在感があまり無く内容が希薄で

いろいろなシーンを並べただけでイマイチという感想でした

内容を除けば「程々楽しめる映画」でしょうか

世間の評判は「とても面白くてよかった」という声もあり

とにかく劇場で公開されてよかったなと思ってたんです

 

ところが公開直後から

ザック・スナイダー版のジャスティスリーグをワーナーに要求する署名運動】

というムーブメントがおこり2017年11月24日時点で

11万人を超える人がこれに賛同したんですね

 

その結果 削除されたシーンを復活させ 追加シーンを再撮影 そしてほぼ全体を

作り直したものが2021年6月25日発売のこの映画なわけです 

 今回の東京オリンピックの同様いろいろあったわけですよ

こういった異例な背景の作品を観ないわけにはいきません

亡くなった娘さんに捧げた作品でもあります

絶対に観たいんですよ

劇場公開もされませんし買わないと観られませんから

 

怒涛の4時間越えにナットク

オープニングから全く違うんですね

その他に

●各キャラクターも深堀されて存在感がハッキリ!

●スーパーマンのコスチュームの色がブラック…カッコイイ

●敵のキャラクターデザインが全く違う

●敵のキャラクターのそのまた上のボスキャラの追加

●更に新たなキャラクターも出現

●その他 新しいストーリーの追加とストーリーの修正・変更

 等々

余りにも変化が大きくてまるで違う映画に仕上がっていました

上映時間も2017年の物は2時間程でしたが 

ザック・スナイダーカットは倍の4時間です

 

まさに監督がやりたかったことを全て盛り込んだ作品です

さすがに3時間半のところで尻が痛くなりましたが

その後見入ってしまって痛みを忘れました

 

内容が全く違う事にも驚きなのですが

気になる変更点がひとつありまして 映像画面のサイズです

最近の映画はほぼ16:9のワイドスクリーンですが

この映画は4:3のスタンダードサイズ

ブラウン管時代のサイズなんです

なので左右に大きな黒い壁が現れます

 

これについては本編が始まる前に

「監督のビジョンの安全性を保つためにスタンダードサイズで収録されています」

と説明のテロップが表示されます

これは賛否分かれるところですが私は古典的なサイズで差別化されて

よかったです

 

この先も良い映画に出会いたい

今回の映画を観てあらためて感じたのですが

映画を製作するという事は

様々な規制や金銭的・時間的な制限又は今回のような人的な問題を

乗り越えながら作り上げなくてはならない非常に困難な作業なのだと

感じさせられました

 

また今まで見てきた映画の中にも観る側に十分に思いが伝わらない作品も

多くありました

そんな映画の中にも作り手の思いが十分込められていれば

名作と呼ばれたであろう作品が多くあったのでしょうね

 

本当の意味での完成された作品を制作することは難しいでしょうが

それは作る側にとっても観る側にとっても無念が残り

とても残念なことです

 

この先もすべての映画を観ることはできませんが

心に残る映画に多く出会えることを私は期待しています

 

f:id:monoomoi2020:20210725222451j:plain

 

 最後までお読みいただき ありがとうございます

少しだけ笑っていただければ幸いです

 

 

 

 

元祖お寿司の味と香りに呆然とする

今週のお題「寿司」

『日本人でよかった』としみじみ思えるのは寿司を味わっている時でしょうか

私は しめ鯖いなり寿司をシメに食べることをルーティンから外せません

好きな寿司ネタは昔からある王道なものがいいですね

 

先人のすごい発明 

昔からある寿司と言えば寿司の元祖といわれる「なれずし」があります

 

魚を白飯と一緒に何ヶ月も発酵させてつくる長期保存可能な

食品です

f:id:monoomoi2020:20210722193401p:plain

私は慣れなかった なれずし


スゴイのになると【30年もの】なんてのもあるようで

そこまで行くとすでに固形ではなくスープ状になるようです

先人たちの偉大な発明ですね

 

しかし発酵してますから 強烈な臭いと酸味で食べる人を選ぶ食べ物

ではあります

それもあって「馴れずし」「熟れずし」と書かれたりするんでしょうね

 

若いうちは軽いノリで

初めて食べたのは35年程前です

確かゴールデンウィークでとても暇を持て余している時でした

友人が旅行雑誌で見つけて

「すっごく臭くて不味い寿司があるらしいぞ!食べに行こう!」

と軽いノリで言い出しまして

それを聞いた相手(私)も

「へーどんだけ不味いんだろ おもしろそう行ってみよう!」

と単純というのか暇人というのか

まぁよく言う若気の至りというヤツですね

 

「なれずし」といえば滋賀県の「ふなずし」が有名なのですが

この若い兄ちゃん二人はちょいとへそ曲がりのため和歌山に向かうことに

 

和歌山では秋刀魚や鮎等の「なれずし」があるとの情報も雑誌に書かれていた

事と不味すぎて食べられなかった時の保険としてめはり寿司も食べる計画を

していたためです

 

f:id:monoomoi2020:20210722192916p:plain

素朴でおいしかった めはり寿司

めはり寿司」にしてもこの時点ではどんな寿司なのか全く予備知識は皆無でした

 現在のようにスマホで簡単に大量の情報が得られる世の中ではなかったので

そんな「不確か」を許せて楽しめる時代の良さではありますよね

 

和歌山へGO !

さっそく翌日早朝 和歌山に出発 

排気量550ccの狭苦しい軽自動車に男二人で乗り込みます

途中狭い車内で大きい地図を広げて道を確認しつつ迷いながらの旅

そして数時間かかりようやく目的のお寿司屋さんに到着 

ろくに休憩もせずに運転しましたからもうクタクタです…若いねぇ

 

和歌山のどのお店だったかは覚えていませんが地元で長年続いている

といった風情で店に入るといかにも寿司職人といった大将と若い弟子が二人

いるような「まちがいない!」といった店でした

 

店に入っていきなり「なれずし」を注文すると大将が

「兄ちゃんたちどこから来たんだい?」としゃがれた声で話かれられました

「愛知県から来ました 雑誌にこの店が載ってたんで来たんです」

と雑誌を掲げながら答えたら「よく来なすった!」と とても喜んでもらえて

注文したものが出てくる前に小鉢に煮物など数種類サービスしてくれました

 ★ファーストコンタクト

ほどなく「なれずし」が運ばれてきました

目の前に置かれたとたん ものすごい悪臭がまとわりついて

ストレートに表現すれば腐敗した魚の匂いです

発酵食品だという情報は無かったのでドン引きです

 

友人と二人 悪臭にしかめっ面で向き合っていましたが

言い出しっぺの友人が意を決して先にひと口 

途端に「ウッ」と声が漏れる

目の前でそんな反応されたら後発の私の心模様 理解していただけるでしょうか?

 

無口になった友人の手前 ここまで来て敵前逃亡はできません

ここに来るまでの道のりを回想しながら強烈な悪臭の物体を口に運びます

そしてひと口 「ウッ」なんて酸っぱい味でしょう 

そして鼻を抜けていく魚の腐敗臭 

口の中にあるものを牛のごとく反芻し 

頭の中で飲み込むための妥協点を必死で探します

 

「ここでお茶を飲んで胃に流し込んだらこちらの負けでだ」

「そんなことをしたら二口目がいけない気がする」

あれこれ考えを巡らしていると妥協点が現れました

❝うまみ❞を見つけました そして何とか飲み込むことができました

 

攻略の糸口を見つけた私ですが 友人は妥協点が見つからず苦笑いしています

そして一言「いや~俺これダメだわ お前にやるよ全部」

 

目の前にはほぼ減った気配のない「なれずし」が二皿

臭いが目に沁みます…ウゲェ~

 

結局 親切にしてくれた店の大将の手前残すわけにはいきません

わずかな妥協点を頼りに私一人 ひたすら突き進み 

途中味と臭いに麻痺してきたところで

一気に畳みかけて無事完食しました

長い戦いでした

 

そんなアホなお兄ちゃん二人を見ていた大将が❝さもあらん❞とばかりに

「はじめてにしてはよく食べたの~口直しにこれ食べていきな」と

しめ鯖いなり寿司をいただきました

大将 なんていい人なんだろう

感謝で胸いっぱいでした

f:id:monoomoi2020:20210722141323j:plain

でもこの「なれずし」ですが 私が悪戦苦闘していた間にも

地元の人がお持ち帰りで10人程はいらっしゃったのです

大将曰く「これ好きな人は毎日買いに来るね チーズみたいな味がしてうまいんだよ

前は近所に住んでた外人さんがよく買いに来てたなぁ」と話してくれました

地元の人にはとても愛されている寿司なんですね

 

それでほぼ食べられなかった友人は保険に掛けてあっためはり寿司を求めて

30分程離れたところにあるお持ち帰り専門のお店に速攻で移動

お腹空いてますもんね

 

二人分を買って近くの公園の駐車場でやれやれという感じでガブリと食べたのですが

めはり寿司」って高菜の漬物でおにぎりを包み込んだだけのものだったんですね

そんなこと雑誌には書かれていませんから「全然寿司じゃないじゃん!」

二人で驚いたことも今でも覚えています

「なれずし」また食べたいな~とは思いません…お好きな方…すいません

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございます

少しだけ笑っていただけたら幸いです

 

 

 

 

 

テルテル坊主のくしゃみ

 雨が続きますね…梅雨だからね

近所の家の軒下に子供が作ったのでしょうか

カラフルなテルテル坊主が二つもつるされているのですが

びしょ濡れで気の毒ですね…風邪ひきそう

 

こんな毎日では傘は手放せませんね

でも私 あまり傘は使わないんです

 

雨に濡れるのは嫌いではありません

先日のようなバケツをひっくり返したような集中豪雨は別として

ほのぼのとした雨の量であれば気にしません…ほのぼのした量って どんだけ?

 

田舎育ちですから雨の日でも外を駆けずり回ってズブ濡れでもへっちゃら

お行儀よく傘をさして登下校することなどありません

小学2年生~中学3年生の義務教育の期間 家が人里から離れすぎていて

スクールバスで通学していましたから尚更です…傘が要らないしジャマ

 

我家の傘の収納ボックスには

妻のブランド物の高級傘20本と私の中国製500円のジャンプ傘1本のみ

すぐ無くしてしまいますから1本あれば十分です

f:id:monoomoi2020:20210716004211j:plain

 

1本だけなのはもう一つ理由があります

少し不機嫌そうな雨模様の朝

家を出るときに傘を一応持たされるのですが

朝は不機嫌でも帰りはカラッとテンションアゲアゲの天気の日には

帰る頃には傘のことなど頭の片隅にも残っていない
そのまま家に帰って玄関のドアの前で『あっ!』という具合なんです


会社に忘れたのならまだ持って帰ってこれるのですが…それでも忘れることもある

フラっと出かけた場所だったりしたら もう戻っては来ません

いったい今まで何本無くしたことでしょうか…不注意が過ぎるだけですが

 

傘には縁がありません

というか手荷物が増えて面倒なのかもしれません

 

たった1本の傘なのですが、また忘れて帰ってきてしまいまして

妻に叱られました 

今日はちょっとボヤイテみました

 

雨ばかりの鬱陶しい梅雨は早く明けてほしいですね

テルテル坊主の念願も もうすぐ叶うかも

 

f:id:monoomoi2020:20210716004227j:plain

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

少しだけ笑っていただければ幸いです

 

 

 

むずかしいけどよく考えてから・・・

目が点・・・👀

先日9日に政府は

新型コロナウィルス対策で酒類の提供停止に応じない飲食店に対して取引金融機関から順守を働きかけてもらう方針をたった1日で撤回する事態がありました

最初の方針表明を聞いた時には

『なんて他力本願で無理なことを押し付けるのだろう』

『政府に対してまた不信が広がるのでは』

とすぐに感じたのですが こんなに簡単に撤回するとは思いませんでした

これでは逆効果 不信は更に輪をかけて広がったのではないでしょうか?

政府内では知識と経験豊富な人材が集まり 熟考した結果の発言だったのでしょう

しかしこの結果は全く笑えません

将来に非常に不安を感じるニュースでした

 

テレビを見ているとこういった考えさせられる事柄や

お笑い番組のように素直に笑って楽しい時間を過ごせるものもあります

番組の合間には商品を売るためのCMが流れ 商品を売るための番組もあり

人は皆 テレビを見ながら一喜一憂するわけですから生活に対しての影響は

少なからずあるわけです

 

 ★とてもありがたいのです

そんなテレビの影響力をこの2週間ほどの間に感じることがありました

私の勤める会社の商品ですが おかげさまで10年ほど前から度々いろいろなメディア

で紹介されたりしているのですが 最近2週間の間に3回ほどテレビで紹介されました

それぞれ違う商品だったのですが これだけ短い間隔では珍しい事です 

1回は地元のテレビ局で2回は全国放送でした

いつもテレビ局側から番組での放送許可の問い合わせを頂けるので

とてもありがたい話です

仕事のモチベーションも上がるものです

 

それで気になるのは放送後の影響なのですが 取引先などからは

『拝見しました いい商品ですね』とお褒めの言葉をいただけます

売上への影響はというと

いつものように『ボチボチでんな~』というところです

意外といつも反応は緩やかなんですよ

 

『注文が殺到する』なんて全く期待してません

反応が薄いということは商品の魅力も薄いという見方もあるでしょう

しかし爆発的に売れて終わってしまう商品よりは 

ボチボチ売れて長寿な商品の方が

品質の良い物を提供することができ 利益も大きいものです

もちろん鳴かず飛ばずで終わる短命な商品もあります

 ですので番組を見て少しの方にでも認識してもらえれば それでいいんです

 

やはり主流はこっちなんですね

しかし意外なところでテレビよりも大きい影響があったんです

ネットニュースです

 

地元のテレビ局で紹介された時の番組の映像がニュースで配信されたようで

2~3日の間ですが 問い合わせと注文が集中しました

さすがにネットニュースになると『配信しますよ』などと前もって連絡はありません

後になって取引先から教えていただいたという状況でした

 

最近は巣ごもりの生活ですからスマートフォンを覗いている時間が皆さん確実に

多くなっているのでしょうね

気になる商品を見つければ手元ですぐに注文できる時代です

それと自分が見たい物や知りたい事だけ情報を選ぶことができます

そして連絡を取りたい人といつでも繋がることができます

情報の速さと量はテレビよりネット上の方がはるかに早く多いものです

 

 絶大な影響があれば その分問題も大きい

情報通信機器の世帯あたりの保有状況は

スマートフォンは2019年時点で既に83.4%

タブレット型端末は37.4%

と2010年から右肩上がりです

逆に固定電話・FAX・パソコン等は年々減少している状況です

減少しているそれぞれの役割はスマートフォンタブレット

確実にとって代わられています

 

このように誰もが持っているとても便利なスマートフォンですが

車の運転中によく見かけるのですが信号で止まるたびにスマートフォン

覗き込む運転手の方がとても多いですね

友達からの連絡を待っているんでしょうか?

YouTubeなど動画を見ているんでしょうか?

ゲームをやっているのでしょうか?

みなさんとても夢中です

信号が変わっても気付かずにスマートフォンから目を離しません

 

令和元年から ながら運転に対する罰則・罰金は厳罰化されているのに

運転中に見ている方もいまだによく見かけます

これはとても危険ですからやめてほしいものです

 

そんなことにはならないと思いますが…ちょっと不安

私にはそこまでスマートフォンに夢中になるものを持っていませんので

共感ができないのですが運転中に限らず 駅やコンビニや道を歩いていても

自転車に乗っていてもスマートフォンから目を離さない方も多いものです

 

傍から見ているとそういった光景はとても異様に感じることがあります

テレビのバラエティー番組を見ながら大笑いしている方が精神的にも

とても健康に見えるのですが…

 

こういったスマートフォンを凝視する行為がいずれ法的に正当化されないこと

またそれを実行しようと安直に公に発表するような政府にならないことを

祈りたいものです

f:id:monoomoi2020:20210710170555j:plain

 

 最後までお読みいただきありがとうございます

ほんの少しだけ笑っていただけたら幸いです

 

 

 

できれば住んでみたいリトルワールド

今週のお題「住みたい場所」

じめじめしたこの梅雨空の下 みなさん巣ごもりと梅雨でストレス溜まってませんか?

溜まったものはおんもで吐き出しましょう 

それでちょっと近場の楽しい所で そして偶然もあって

 自宅から車で1時間もかからない場所に数年ぶりに行ってみました

 

『野外民俗民俗博物館 リトルワールド』でございます

www.littleworld.jp

1983年昭和58年3月に開館された大規模な博物館です

当初は『人間博物館リトルワールド』という名称でした…ちょっと汗臭い感じですね

世界中とはいきませんがいろいろな国の建物が野外に忠実に再現され…というか本物です

本館展示室に展示された 何千点にも及ぶ民族衣装や各国の独特な風習と

生活に使う道具などは❝よくぞここまで収集したものだ❞と感心するほど

圧巻です…アジア・アフリカ・ヨーロッパが中心でしょうか

本館展示室は見ごたえ十分で知的好奇心を満たしてくれます

 

f:id:monoomoi2020:20210627160948j:plain

現在も駐車場からみえるこのデザイン!開館当初から変わらない

今までも何回か遊びに来ていたのですが最近はご無沙汰でした

今回❝久しぶりに行こう❞というきっかけになったのはJAFです

JAF会員歴ほぼ30年 

一度もお世話になっていません

【JAF 日本自動車連盟】の機関誌【JAF Mate(JAF中部本部)】7月号に

『リトルワールド通常入館料1800円のところ500円』という優待券を

妻が目ざとく見つけたところから始まりました…めっちゃセコイ

せめて優待券でJAF会員である恩恵を受けたいという思いもありまして…

 

ちなみに入館料は500円で格安で入れましたが

駐車場料金は別で900円 しっかりと払いました

 

 

★思わず見入ってしまう展示物がいっぱいの本館

では今のリトルワールドをところどころ大雑把に紹介しますね…詳しくは多すぎて無理!

まずは入場してすぐに優しい雰囲気で巨大な母子像の噴水がお出迎えです
…背中には四角の空間に球があります 地球の母ということでしょうか…ここからは見えませんけど

手前にはタイの街中でよく見かけるトゥクトゥクが展示してあり自由に乗り込んで

記念写真を撮ったりできます…中の移動もトゥクトゥクにしてほしい

f:id:monoomoi2020:20210627181345j:plain

母子像の噴水広場 上から見たところです

噴水左側(上記写真を撮っている所)が 本館展示室になります

本館展示室の常設エリアの手前ではただいま『特別展こわいモノ という

 イベントが開催中  約6000点の展示物の中から❝怖く見えるもの❞を

集めて展示しています…7月11日㈰までですよ

真っ暗な部屋を奥に進むと 暗闇の中にこんなものたちが浮かんで見えます

f:id:monoomoi2020:20210627182931j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627183007j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627183034j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627183140j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627183208j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627183254j:plain
どれも正式な本物の展示物です やらせ無し

暗い部屋で証明の色などで怪しく見せていますがどれも個性が強く芸術的です

色々な国の特徴や作られた時代に多様性を感じます…こわいというよりは クセがスゴイ

 

この日本人形の顔は今まで見てきた人形よりもとても可愛い顔立ちをしていました

…右から二番目の仮面のカッと見開いた目がヤマ●●モミジに似ていると妻は言ってます…そうですかぁ?

 

真っ暗なこわいモノのエリアを抜けるといつもの常設の展示物エリアになります

多分ここの展示物はずーっと変わってないと思いますが独特な雰囲気です

ところどころに説明のための映像が用意されています

大半が懐かしのブラウン管 を使っている所も さすが博物館です

f:id:monoomoi2020:20210627185713j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627185752j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627185825j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627185935j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627190026j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627190110j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627190151j:plain

 

各国のいろいろなお祭りやイベントや生活に使うお面・衣装・道具が国別に

展示されています アフリカ系のお面などは見ているだけで背後から

ンドコドンドコンドコドンドコ太鼓の低音が聞こえてきそうです…槍も飛んできそう


 本館はとても広くこういった展示物に興味のある方ならここだけで半日以上は

観ていられるんじゃないでしょうか?

 

★野外は広くて過酷なの ?

本館を出ますと ここからが本題 ここの特色である野外の展示が始まります

主には住居の建物になるのですが ちゃんと中にも入れるんですよ…お泊りはできません

 

どんな国の生活感あふれる家屋があるのかというと

沖縄・北海道・台湾・北アメリカインディアンのテントとナバホの家・アラスカ

インドネシアミクロネシア・ドイツ・フランス・イタリア・西アフリカ・南アフリカ・ネパール・タイ・韓国・鹿児島・・・ 

ざっとこんな国々の歴史ある古い家屋が点在しています

 

敷地面積の広い家が点在していますからここは広いんですよ 

簡単に言ってしまうとメインの通りは一周約2・5kmということですが

ここの敷地面積は123万平方メートルもあり日本のテーマパークでは

第2位の広さを誇ります

 

建物はメイン通りだけにあるわけではなく途中分岐したところにもあり

また建物の敷地も広い所も多くとにかく歩き回ることになります

更に道のアップダウンが比較的厳しいところもある

単純な約2.5kmではないのです…歩きたい人には最適でもこの地域の夏の炎天下は地獄

 

私のつけているスマートウォッチの歩数のカウントを帰りにチェックしたのですが

この施設だけで少なくとも13000~14000歩は確実に歩いているようでした

『人間の住むところは必ずしも平たんで楽なところばかりではなかったのだよ』

という声が聞こえてきそう…運動不足は解消されます

そういったところも再現しているのでしょうか…そこまでこだわる?

 

でも安心してください

お年寄りや歩くのが苦手な方や夢中になって歩き疲れた方たちのために

園内バスも巡回しています。

大人500円 小人300円で一日乗り放題です…必死に歩かなくて済みます

f:id:monoomoi2020:20210701205555j:plain

運転手はツタンカーメンです…ウソです!

 

 ★さて のんびり行こう 先は長い

 左回りのルートで進むとまずは沖縄の住居なのですが写真を撮り忘れてしまいました
なんくるないさ

f:id:monoomoi2020:20210627214118j:plain

北海道の住居とクマがいるよーって駆け込む女の子

 沖縄を過ぎて広く緩やかな下り坂を進むと北海道の住居です

すると大きなクマがお出迎え

後ろを歩いていた家族の子供たちも「ママみてぇークマがいるよー」と駆け足で

近寄りオオウケでした…パンダがいるよーってボケてくれればウケたのに

少し先に進むと台湾の農家がみえてきました

f:id:monoomoi2020:20210627215113j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627215148j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627215223j:plain

 道沿いの睡蓮の花がきれいに咲いています その先には豚まんや小籠包など台湾グルメが楽しめる台湾小館があります 

あの甘くて飲みやすい紹興酒もあるんでしょうか?…車で来たんで・・・あ~ぁ

f:id:monoomoi2020:20210627220554j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627220631j:plain
インディアンのテントとその迎え側にアラスカの家があります

アメリカインディアンテントと道を挟んだ向い側にはアラスカトリンキットの家

があります 中に入りたかったけど行列しているので先を急ぎます

 

ほどなくして白く豪華な美しい建物がみえてきました

ペルー大農園領主の家です 噴水のある中庭も素敵でおしゃれな建物です

入口周辺にお花畑やお花のアーチもあったりして華やかでかわいいお庭もありました

まるでリゾート施設

f:id:monoomoi2020:20210627222143j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627222228j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627222305j:plain

 

 白とは対照的にレンガ色が鮮やかなまるで寺院のような建物がみえてきました

f:id:monoomoi2020:20210627221629j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627221725j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627221701j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627221807j:plain
インドネシア バリ島貴族の家

インドネシアの貴族の家です

見事な彫刻が目を引きます 信仰心の深さを感じます

やっぱりお寺にしか見えないのですが どこで生活するんでしょうか?

 

貴族の家を過ぎ次に見えてくるのか屋根の反った形がとても印象的な

インドネシア トバ・バタックの家とミクロネシアポリネシアの家がみえてきます

f:id:monoomoi2020:20210627223752j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627223824j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627223922j:plain
f:id:monoomoi2020:20210627223959j:plain
温かい国の家 左端がトバ・バタックの家 

 トバ・バタックの家はスマトラ島北部にあった家屋をそのまま移築されたそうで

屋根裏には神様が住んでいるということです志村けんの耳が遠い神様だったらウケる

 三角に盛り上がった屋根のポリネシア・サモワの家(写真右半分)は

中に入ると涼しくて落ち着く とても快適です

 

★さわやかな絶景にはさわやかなものを口にしたい

ここまでくると「けっこう歩いたな」と感じるのですが

道は広く歩きやすいし景色もいいのでまだまだ大丈夫

少し行くと軽いのぼり道がありその先に大きな広場がありました

f:id:monoomoi2020:20210628211737j:plain
f:id:monoomoi2020:20210628211817j:plain
f:id:monoomoi2020:20210628211909j:plain
広場にはヨーロッパの田舎の風景が広がっている

ドイツバイエルン州フランスアルザス地方・イタリア アルベルベッロの家が

ゆったりとした緑の空間に点在しているといった風情でしょうか

落ち着きます 風景は落ち着きますがここに到着したとたん屋台から

こんがりと炭火で焼かれているステーキのジュ~ジュ~とうおいしそうな音

と香りにおなかの中はグルルルルと落ち着きません

屋台の前にはドイツのおしゃれな二階建ての建物があり1階はドイツらしく

ビアレストランになっていて

本場ドイツの生ビールとソーセージを堪能できる店(ガストホフバイエルン)に

なっています

店の外に置かれたテーブル席では家族連れや友人同士のお兄さんたちが

黒や黄金のいろいろな種類の冷えたビールを片手に巨大なソーセージの盛り合わせを

頬張ってご満悦の様子

f:id:monoomoi2020:20210628214007p:plain…いいなぁ~盛り合わせ

f:id:monoomoi2020:20210628213704p:plain

ガストホフバイエルン

未来は何処の空の下へ~ リトルワールド ガストホフ バイエルンの「ドイツビール飲み比べ」

ビール飲み放題もありますよ…車で来たんで・・・あ~ぁ

 

すると妻が『ちょっとここでつまみ食いをしましょう』という話になり

お店の中へ 大半の方たちはビール飲んでらっしゃるんですね 

バスでいらっしゃったんでしょうね?

・・・あ~ぁおいしそうなビール

 

・・・でいろいろ迷った挙句ソーセージは外せないということでこれにしました

f:id:monoomoi2020:20210628215203j:plain

ホットドック

ソーセージとビールに比べれば格段に見劣りしますが

ラウゲンロールドック というものだそうで まぁホットドックです

しかし普通のホットドックではありません

ドイツ伝統のもちもちの香ばしい食パン ラウゲンロールに本場ドイツの

ソーセージを挟んでケチャップとそしてこのマスタードソースがうまかったんですよ

細かく刻まれたオニオンが辛さを抑えて絶秒なバランスでモグモグしている

ソーセージの肉汁ともちもちパンでシアワセいっぱいの口の中の味をまーるくまとめてくれます ん~っおいしい!

ボリュームもあって大満足でした…ほかにも食べたいものがあるのでここではこれだけ

外のテーブルで食べたんですがスズメが多くて💩が落ちてきそうで

ちょっと気になりました

 

★見過ごしてはいけないもの

さあお腹もいっぱいになったしそろそろ次へいこう!

といきたいところですし実際みなさん食べ終わったら次のところに

行ってしまうんですが ここは博物館なんです ドイツ風居酒屋ではありません

 

ここの2階に展示物があるんです…ここに来る人達 意外と知らないかも

f:id:monoomoi2020:20210630223756j:plain
f:id:monoomoi2020:20210630223826j:plain
f:id:monoomoi2020:20210630223911j:plain
ビール作り方や壁画の説明
f:id:monoomoi2020:20210630224452j:plain
f:id:monoomoi2020:20210630224305j:plain
f:id:monoomoi2020:20210630224423j:plain
f:id:monoomoi2020:20210630224540j:plain
ドイツの田舎の風情が漂います 窓からはお花畑の先に教会が見えます

またここの建物の向かい側にドイツのお土産物屋さんメルヘンバルトの2階も

展示場になっています

f:id:monoomoi2020:20210630225624p:plainメルヘンバルト

f:id:monoomoi2020:20210701003509j:plain
f:id:monoomoi2020:20210701003607j:plain
f:id:monoomoi2020:20210701003649j:plain
f:id:monoomoi2020:20210701003843j:plain
2階にはくるみ割り人形やミニチュアが並んでいます

1階のお土産物売り場では本場のくるみ割り人形やかわいいミニチュアを買うことができます…お値段…とても本場です

 

 ★羊を見習っておとなしくして!

さて小腹を満たしたところで向かったのがどうぶつ広場です

どうぶつ といっても リャマと羊だけでしたが・・・

f:id:monoomoi2020:20210628223016j:plain
f:id:monoomoi2020:20210628223041j:plain
f:id:monoomoi2020:20210628223106j:plain

 数頭いるリャマの中で落ち着きなく歩き回っているのが一匹

奥に行ったかと思えば戻って柵の上から顔を出してを繰り返すしぐさは

愛嬌のある顔も相まっておもしろいのですが、

【動物の動きに注意してください】と柵に掲げてあるのでこの動きのことかも?

何かされる前にとっとと隣のテント村に移動です

 

テント村はドーム状のテントのような建物の中に 中国・スウェーデン・シリア

アメリカ・モロッコケニアの6棟のテントがあります

テントの中にテントがあるってなんか変な感じなのですが 貴重な展示物ですから

大切に展示されているのでしょう 

どのテントも頑丈な作りで快適に生活できるように作られています

 

★食べるものは インパクトで選ぶ?

先ほどラウゲンロールドック(めっちゃおいしいホットドック)をたいらげたばかり

ですが もうひとつ食べてみたいと狙っているものがあります 

アフリカンプラザワニ🐊を食べに行きます

 

f:id:monoomoi2020:20210701002135j:plainこれが🐊ラーメンだ!…だいぶミニ?

 ワニの肉はから揚げにしてあります 淡白でおいしいです

ラーメンは・・・スープ塩っ辛い!・・・ワニバーガーにすればよかった

 それかワニ・ラクダ・ダチョウの串焼き…ワニラーメン 次は無い!

 

次に訪れたのはネパール仏教寺院です

見どころは何といっても内部の壁という壁にびっしり描かれた手書きの壁画です

f:id:monoomoi2020:20210701211836j:plain
f:id:monoomoi2020:20210701211907j:plain
f:id:monoomoi2020:20210701211946j:plain
f:id:monoomoi2020:20210701212028j:plain
色鮮やかで繊細 荘厳な世界が広がる

 現地の大工さんと絵師が半年をかけて作り上げました すごい!

 

ここのお土産物屋にシンギングボウルと金剛鈴がいくつもあり

全部 鳴らしまくっていたらネパールでアフリカ系の外国の店員さんに

イヤな顔されてしまいました

…ごめんなさい…今度来ても同じことします

 

★結構足が疲れてきてどこかに座りたい辺り

トルコイスタンブールの街 ここにもおいしそうなものがたくさん

ワニラーメンよりこっちだったかな?…教訓 希少食材は当たり外れのリスクが大きい

f:id:monoomoi2020:20210701215513j:plain

 

野外民族博物館リトルワールド【公式】 в Твиттере:  «トルコの雑貨が揃う「ラーレ」の店内はいかにもバザール!といった雰囲気。アラジンランプやトルコの魔除けのナザールボンジュなどエキゾチックな雰囲気満点のものがたくさん並びます。…  »…きれいな中庭!…お借りした画像です

復元された家のモデルは19世紀末の高級官僚などが暮らしていたであろうものです

とても優雅ですね

 

タイのエリアです

自分が生まれた日の曜日の色を調べて その色のネズミの片方の耳に願い事を囁くと

願いが叶うそうです 私も囁きました…なにを?

世界平和 …ウソです

f:id:monoomoi2020:20210701215933j:plain

タイのカラフルなネズミ像 曜日占いやってます

 

★親近感のある家がみえてきた そろそろ終点

 韓国の地主さんの家です

なんとなく日本の時代劇にも出てきそうな門構えですね 

f:id:monoomoi2020:20210701221840j:plain

韓国 地主の家

 

さて野外の展示物最後になりますが 懐かしい日本の田舎の家屋

山形県 月山山麓の家です 

1767年に建てられた養蚕農家を移築したものです…おおらかで優しい雰囲気 好きです

実際にこの建物があった場所はダム建設のため水没しています

貴重な古い家は残したいものですね

f:id:monoomoi2020:20210701221020p:plain

縁側…落ち着く場所ですね

★最後のシメ

月山山麓の家すぐ横に甘味処があります 

『おつかれさま~』といった意味で 

さくらんぼソフトいただきました

月山 - 西可児/郷土料理(その他) [食べログ]

 

食べてびっくり サクランボというより ちょっと酸っぱい梅の味

疲れた体にはピッタリかも それでいて結構濃厚でおいしい!

リトルワールドらしくちょっとクセがあっていいかも

 リトルワールドの精霊が憑りついてるのかな?

f:id:monoomoi2020:20210703233043j:plain

 

 最後までお読みいただきありがとうございます

少しだけ笑っていただければ幸いです

 

心配は尽きないもの

今週のお題「100万円あったら」

まだまだ続く鬱陶しい梅雨空の下 

巣ごもり生活のウップンも相まって『今すぐどこかに飛んでいきたーい』って

気分なのですが 

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

以前 会社の玄関にある入居者募集中のツバメの巣について書いたのですが

 

monoomoi2020.hatenablog.com

 

最近 半壊状態だった巣がせっせとリフォーム工事が行われまして

新婚カップル?が住み初めました

更にこの度めでたく御産卵されたようで こちらも一安心!

f:id:monoomoi2020:20210620114220j:plain

 

・・・とならないのが世の常 そう簡単にはいきません

 人の世もツバメの世界も過酷で危険な状況と背中合わせです

 

この巣にツバメが戻ったのは実に3年ぶりの快挙ではあるのですが

またカラスの襲撃があればまた事故物件の空き家に逆戻りです

 

しかし無事に生まれてきたらきたで更に危険が待っています

巣の下から雛を狙った恐ろしい視線が注がれます

近所の家ネコ達です…懇願するような上目遣いがカワユイです

 

毎日、自分のテリトリーをパトロールしているのですが

雛が生まれたと知れば 巣の下で物欲しそうな顔で

一定時間居座ります…グルーミングしています 仕事の疲れも癒されます

雛が巣から落ちたら速攻で食らいつこうと待ち構えています…待ち姿がけなげでかわいい😸

 

上からも下からも狙われている過酷な環境

一刻も早く成長し巣立つしかありません…生存率そんなに高くないんですよ野生は

親鳥が一日中餌やりに飛びまわるのも頷けます

f:id:monoomoi2020:20210620122627j:plain

 

ツバメにとっても人にとっても 轗軻不遇 (かんかふぐう)なこの世の中

 

人の世も 今コロナで振り回されていますよね

東京五輪開催に向けて着々と進んでいますが

感染症対策分科会と世論は大方同じ意見であるのに対して

どうして政府はそれとは逆の方向で事を進めているのでしょうか?

専門家はオリンピックは無観客でと言っているのに

政府は会場に観客を入れたいという意向

 

何のための専門家のなのでしょうか?

専門家の意見は単なる飾りなのでしょうか?

経済優先は大事なことですが 今は世界的な感染拡大を抑えることを

優先すべきではないでしょうか?

オリンピックを逃して経済破綻するような小国ではないと思うのですがね

 

今回のオリンピックを2024年開催国のパリと共同開催をして

プレミアムなオリンピックを開催という話は素敵だなと思うのですが

今となってはそれも叶わないのでしょうか?

こちらの方が世界に向けたメッセージとしては

とても明確で有意義ではないかと思えるのですが・・・

 

と皆さん同様 不信と不満は募りますが

今は東京五輪が無事に終わることを祈るしかありません

 

この先どんな変化が訪れるのでしょうか?

話の筋が通った良いものだけ受け入れたいものですね

 

お題の100万円あったら…の話ですが

コロナで亡くなられた方の遺族で必要な方達のために

寄付をします

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございます

少しだけ笑っていただければ幸いです…ちょっと難しいですかね?

 

 

 

 

束の間の晴れにホッとする

今週のお題「575」

ついこのあいだ 快晴の空の下

ちょっと暑さに蒸せる 名古屋栄を散歩した時の写真で

『世の中 いつまでマスクしなきゃいけないんだろ』

と思いつつ一句 

でも今日は雨 このあいだの青空が恋しい

f:id:monoomoi2020:20210613121504j:plain

 

 

kinshachi2021.jp

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます