ものおもいのほほん

ゆるゆるとおもいのまま

収穫の季節。新米もいいけど赤飯もいいね😄

すっかり秋になったとはいえ、日中はまだ少し暑さが残っています。

それでも、もう稲刈りの季節ですね。収穫も順調に進んでいるでしょうか?

周辺の農家の方達も大忙し、お疲れ様です。

今年のお米は豊作でしょうか?

ツヤツヤにふっくら炊けた新米のご飯。

あ~想像しただけでお腹すきますね、早く食べたいな~待ち遠しい。

 

白いご飯も大好きですが、赤飯も大好きです。

時々お昼ご飯を買いにコンビニに行くのですが、おにぎりが好きで

かならす選ぶのは塩むすび「赤飯」です。

シンプルにお米の味を楽しみたいんです。

                             …やっぱ、セブンイレブンのが好き。

塩むすびのご飯の粒のしっかりとした弾力と塩加減の絶妙なバランス。

赤飯のおむすびは、もち米のモチモチ感とほんのりと小豆とごま塩の風味が

鼻を抜ける瞬間が好きですね。…ほんと、お腹空いた。

 

そういえば赤飯の赤い色は、もち米に小豆とその煮汁を混ぜて蒸して赤くしているん

ですが、もともとは「赤米」と呼ばれる赤い米を使って作ったので赤かったんですよ。

 

赤米はこの国が稲作を始めて頃(縄文時代)に栽培していた非常に原始的な米の品種で

東南アジアが原産です。古代米の一種です。

 

赤米の栄養は、白米と比べて

カリウムは過剰摂取された塩分などを体外へ排出する働きがあります。

マグネシウムは血管を拡張させて血圧を下げたり、血栓を作りにくくする

働きがあります。

カラダにとても良い食品なんです。

 

しかし、白米と比べて大量に作ることはできないため現在では琉球列島や

九州・四国の南部地方に残っているだけのようです。

 

私の住んでいる周辺の田んぼでも多くはありませんが、一部赤い稲穂の米が栽培されて

いるのを見かけます。

※写真は周辺の田んぼの様子です。ここでは黒っぽい稲穂の古代米が栽培されています。

農家によっては自分の家で食べるだけの量かもわかりませんが、栽培されているようで

す。近年は見直されてきているようで、白米に少々混ぜて食べられているようです。

 

以前、知り合いからお茶碗一杯分ごちそうになりましたが、確かに白米を混ぜないと、

完食はちょっとツライものがありました。…あくまでも個人の感想です。

 

赤飯はお祝い事があるとよく振る舞われたりしますが、もともとは祖先を祭って

祝う日などに赤米をたいてお供えした習わしがあったようです。

ところがよく育ち大量に栽培できる白米が主流になり、赤米の代わりに小豆で色を付け

て赤いご飯を作りそれを備えるようになりました。

 

東南アジアでは今でも赤米が栽培されていて、太平洋戦争当時、日本軍の兵士たちは

その赤米を炊いて遠い祖国の「赤飯」を偲んだということです。

きっと戦争なんて愚かなことは早く終わりにして、すぐにでも故郷へ帰りたかったでし

ょうね。

 

 

余談ですが井村屋のあずきバーで赤飯ができるって知ってました?

一度、挑戦してみてはいかがでしょうか?

www.imuraya.co.jp

 

でも私は、普通にスーパーにあるものを食べることにします。

いただきます🤣

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

歯は大切にしましょう🦷じゃないと大損するよ🙄

台風14号が通り過ぎた後は、私の周辺では豪雨+強風が吹き荒れたにも拘わらず

これといった大きな被害もなく一安心でした。

そして台風は湿気を帯びた暑苦しい大気も巻き込んでくれたようで、

一晩で秋模様の空と風に変化しましたね。涼しくなったのはいいのですが

無理やり時間の針を進められたようで少し気が焦ります。

「心の準備」ってのが欲しいですよね。

 今日はすっかり秋の空・・・

 

時が経つと、当然いろいろと変化していくわけなんですが、

私、子供の頃から歯が悪くてとうとう入れ歯までたどり着いたのですが

 

monoomoi2020.hatenablog.com

 

その入れ歯も、支えになっていた重要な歯が無くなり、直し直しごまかして

使ってきたのですが、そのうちごまかしも効かないようになって最後は哀れな姿

になり、その短い生涯を終えました。

まだ総入れ歯ではなく部分入れ歯ではありますが、保険のきかない入れ歯を選んだので

それなりの費用は掛かっているので、痛い損失です。

 

『じゃあもう入れ歯なんかいらない!下顎の歯だけで大丈夫じゃ!』

なんて頑固ジジイなことをいうとどうなるかというと

  • マスクなしで人前で笑えません。…メンタルの強さにもよります。
  • ラーメンが噛めずにいきなり麺が喉になだれ込んでくるので溺れます。
  • 口の中に水を含んでクチュクチュすると、前歯がないので水が噴き出します。
  • サ行の発音が、しゃ・しゅ・しゅ・しぇ・しょっ!になります。
  • リンゴをかじるなんで無理。…入れ歯でもちょっと無理
  • 前歯の無いあたりの髭(鼻の下あたり)は、カミソリを使って剃ると
    皮膚を受け止める前歯がないから確実に皮膚を切って血まみれになる😱

な~んてことになります。

 

そういうことで、また実費で入れ歯を再度お願いして二週間ほど前から

新しいものを使っています。…いつまでもつかなぁ。

前よりも『入れ歯をはめる感』が強いので、毎回ガチャン!

とハメてる感じです。

なんとなく朝から仮面ライダーXエックスな感じです。

        


まっ、そんなかっこいいもんじゃないですけどね・・・

この先もずーっと朝からセタップですよ・・・あ~ぁ

 

じゃあ!よい子のみんなはちゃんと歯をみがこうね!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

かさぶたって剥がしたくなりませんか?

3週間ほど前になりますが、長年使っていたリクライニングチェアというか

パーソナルチェア、どっちなんでしょうね?

とにかく毎日座る私のくつろぎの椅子が、合皮の表面はボロボロ、ところどころ

破れて中の白い綿のようなクッションが丸見え、さらに骨組みのネジが外れて

座り心地が最悪な状況になり❝ここまで使い切ればもういいよね❞ということで

周辺の家具店を5件ほど探し回ったのです。

 

monoomoi2020.hatenablog.com

 

ところが、あちこちに移動と歩きで疲れていたのか、最後に覗いた家具店の入り口で、

妻がちょっとした段差に足元をとられ突然その場にドタッと倒れこみ、膝をすりむいて

しまいました。

 

大事には至らなかったので良かったのですが、右膝に大きな絆創膏を貼り痛々しい姿に

なってしまいました。

更に絆創膏が取れてはいけないと、その上から包帯を軽く巻いたのですが受けたケガよりさらに大袈裟になって、仕事先で皆さんから心配された様です。

 

ようやくその傷も癒えてきまして瘡蓋(かさぶた)もしっかり黒くなってきましたが

ここ数日、瘡蓋も少しずつ剥がれ、今日に至っては半分ほどは皮膚から離れていて

見ていると指でつまんでピッと引っ張って取りたい衝動に駆られるほど。

それと、あの治りかけに出てくるモゾモゾした痒みに妻はのたうちまわっています。

 

子供の頃はよくケガをしたものです。

ろくに消毒もせずにそのままほったらかしで過ごしてましたから瘡蓋ができるスピード

が早いこと早いこと。

不衛生だったからでしょうか?根拠はありませんけどね。

 

でも悪い癖で、できた瘡蓋を興味本位ですぐに剥がしてしまうのと、治りかけのあの痒

みが出ると気持ちがいいのですぐにかいてしまうんです。

おかげで、せっかくできた瘡蓋も剥がしてはかきの繰り返しで。

 

そういうキズは跡が残るんですよね。今でも右肘にうっすら残ってますね。

 

キズの治りがとても遅かったんですが母親からは何も言われませんでした。

まあ、田舎育ちなんでそんなもんです。

 

痒みにのたうち回る妻の姿を見て、そんな子供の頃を思い出してしまいました。

 

 

台風14号は今晩辺りに通過するようですが、こちら愛知県ではすでに大雨と

強風で外が真っ白になるほどあれた天気になっています。

市の広報のスピーカーから「避難所を開設いたしました・・・」との

アナウンスも流れています。

 

先ほど静岡の母親に『とてもあれた天気になりそうだから注意してね』と

電話したところです。

 

『家は山に囲まれてるで風もそんなに強く吹かないから大丈夫だよ』なんていうん

ですが、静岡の山の中の古い家なんで、山が崩れたりしないかと心配です。

 

まあ田舎なもんで。

 

みなさんもご注意ください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫の奥にところてん😲

冷蔵庫ってものはとても便利ですよね。

普段食べる食材から、醬油・ソース・ドレッシングや漬物等いろいろ詰め込んで

中には、『すぐには食べないけどそのうち食べよう』とか『少しづつ食べて楽しみた

い』というようなチョコレートやプリンやエクレアやら冷蔵庫内全フロアに所狭しと

鎮座していらっしゃいます。

 

冷蔵庫依存が、わかりやすく表現されている状態で、とても褒められた光景ではありま

せん。

季節もそろそろ本格的な秋に突入するころ、冷蔵庫の中も衣替えではありませんが

整理整頓が必要です。

 

そんなことを考えながら、観音扉のドアを全開にして冷蔵庫内の惨状を眺めていると

上段奥の角に、丸いプラの容器が2個積み上げられているのを発見。

白菜の漬物が、2パック入っているのかと手に取ると

ところてんがふたつ。

www.ohkawa-net.co.jp

妻に『こんなんいつ買ったっけ?』と聞いたところ『賞味期限はいつ?』と

質問に質問で返され容器の裏を確認すると❝9月15日

 

消費期限ではないので❝まだ大丈夫❞とは思いますが、丁度お昼ごはんの時間。

食後のデザートでおいしくいただきました。…写真撮るの忘れた😆

 

これで、季節ものの食材が一つ消えて、冷蔵庫の片隅が少しスッキリ。

 

冷蔵庫の片づけは、こまめにされていますか?

冷蔵庫の片隅に忘れ去られているものはありませんか?

食べるものは食べられる内に、さっさと食べて片付けてしまいましょう。

もったいないですしね。

 

ところでところてん・・・

ところで、ところてんには何をかけて食べますか?

今回、家の冷蔵庫にあったのは三杯酢黒みつなのですが、黒みつって

あまり馴染みがないので調べてみました。

 

大雑把に分類すると、やはり大道は酢醤油(二杯酢)が圧倒的に多いようです。

特徴的なのは三杯酢は富山、黒みつは三重、滋賀、京都、大阪、奈良、和歌山の

近畿地方に集中しています。

そして、その他の高知ではジャコと鰹節でとった「カツオだし」をかけるとのこと。


分布図で表現すればこういったことになりますが実際には黒みつで食べられている

地域に隣接する県では酢醤油ばかりではない傾向のようです。

場所が変わればいろいろなアレンジがあるんでしょうね。

 

その他、ところてんにかけるものとして

生醤油、きな粉+ハチミツ+あんこ、ごまだれ、レモン汁、ソフトクリーム

マヨネーズ、梅酢 等々、みなさん自分の好みで食べられているようです。

意外な組み合わせのもので一見不味そうなものでも意外とイケるものも

あるんでしょうね。

 

私、機会があればマヨネーズに挑戦してみます。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

最大の願い

大型で非常に強い台風14号が、鹿児島県を暴風域に巻き込みながら北上

とのこと、気象庁も大規模な災害が発生する可能性があるとして

鹿児島に特別警報を発表しています。

被害が最小限になるよう避難など積極的且つ迅速に行動していただきたい。

「数十年に一度しかないような大規模な災害の発生の可能性」とも報道されています。

これまでの経験則は忘れて身を守りましょう。

 

昨日も台風への準備でしょうか、少し早めの稲刈りをされている様子をあちこちで

見かけました。まだ収穫には早そうな青々とした緑の田んぼも多くあります。

農家にとって台風は、深刻な被害をもたらす恐ろしい現象です。

多大な被害を受けて廃業してしまう農家もあります。

 

被害ができるだけ少なくなりますようにと私は祈ります。

 

台風が過ぎた後、できればホッとした澄んだ気持ちで

秋風の吹き渡る、穏やかな風景を見られますように。

 



最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

頬を撫でる風に秋を感じました🍂

朝、カーテンを開けて窓の外を眺めると、日差しの強そうな景色に、

「今日も暑くて熱気ムンムンなんだろうな~」と思いつつ窓を開けると

さわやかでどこか寂しげな感じのする秋風が、フワッと体を通り抜

けていきました。

思いがけない涼しさに、秋の始まりを感じます。

 

空の雲を眺めていても、入道雲の出番も最近は控えめで、いわし雲やさば雲が

パラパラ~っと空に広がって、❝夏も終わりかなぁ~❞とは思ってましたが

肌に触れる秋風の感触ほど、秋の訪れを説得力をもって告げるものは無いんですね。

季節の変わり目は、カレンダーを眺めるより体感するものですね。

 

毎年のように秋を感じるとこういった曲が頭の中を流れて感傷的になるのですが

私もすっかり気の弱い年寄りになったのでしょうかね?


www.youtube.com

季節の変わり目は、過ぎて行く季節の名残惜しみ、迎える季節に未来の希望を願うもの

です。

この季節、どんな事を思い浮かべますか?

 

こうやって、あまり感傷的になっていると体まで老け込んでしまいそうになるので

最近は、昼の暑さと熱帯夜でご無沙汰していたジョギングを再開することにしました。

昼間はさすがにまだ暑さも残っていたので、陽が沈むちょっと手前を狙って。

 

アシックスのランニングシューズ、ナイキのジョギングパンツ、アンダーアーマーのシ

ャツと全くブランドの統一性のないダサい格好で、水道水の入ったペットボトルを片手

に握りしめ、のんびり走るオジサンをさらけ出してきました。

 

結果はこんなでした。

 まぁ、いつもよりゆっくり。ボチボチでんな🤓

 

 

しかし今日は、風に涼しさを感じられて走りやすかったですね。

❝スポーツの秋❞ですものね。

 

秋は寒くもなく暑くもない季節、あっちこっち動き回るにはいい季節です。

でも、なぜスポーツの季節といわれているんでしょう?

 

それは「基礎代謝を上げやすい季節だから」だそうです。

人は、冬になると体温を維持するため基礎代謝が上がります。

寒い冬に備えて秋の内からエネルギーを体内に蓄えようとするからです。

まさに『天高く馬肥ゆる秋』、太りやすい季節なんですね。

 

秋は収穫の季節、食卓にはおいしい秋の味覚が並びます。

❝寒い冬を過ごすためなら太っていてもいいじゃん❞という声も聞こえますが

身体の脂肪が増え、肥満になってくると様々な病気を引き起こし

健康寿命を短くしてしまいます。

 

基礎代謝をスムーズに上げ健康な体を維持するためには運動をすることが

最適な方法のひとつです。

 

なので「スポーツの秋」ということなのだそうです。

 

でも、「食欲の秋」も楽しみましょう。ホドホドに😆
…あ~腹へった。

 

「芸術の秋」でもありますね。…あぁ秋は忙しい。



 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

信じてしまった者に罪はない

40年程前の学生時代の話になりますけど、当時の名古屋駅周辺の歩道を歩いていると

若者をターゲットに、スーツ姿でアンケート用紙を片手に怪しい勧誘をする輩が、

何組か並んでいる光景をよく見たものです。

最新情報|深沢地域包括支援センター(あんしんすこやかセンター)|福祉・介護・支援 社会福祉法人 奉優会(ほうゆうかい)

当時世間知らずの恐れ知らずで好奇心旺盛な私は、「話の種になれば」とわざと勧誘さ

て、あるビルの一室に連れていかれたのですが、案の定、ツッコミどころ満載の

詐欺だったため、帰り際のエレベーターが閉まる直前に

「こんな嘘並べたってだれも信用しませんよ!こんなことやめてください!」

と担当の男に捨て台詞をはいたのですが、それを聞いた男の苦笑いする顔を今でもよく覚

えています。

その時の気分は「爽快」だったけど、今思うと「何もされなくてよかった~💦」ですね。

若いって危なっかしいですね。

 

信じてしまった者に罪はない・・・しかし

世間知らずで無知な当時の私(今も大して変わらないかも)は、一週間後

もう一度勧誘されてみようと、駅前の通りを歩くことに。

スーツ姿にアンケート用紙を持つスタイルの勧誘の方達の前を通りかかると

「何か悩み事はありませんか?私達と一緒に悩みを解決しませんか?」と

優しいく嫌味の全くない声で話しかけられました。

見ると私より少し年上だろう真面目な印象の女性でした。

 

アンケートの内容は覚えていませんが、渡された資料にはキリスト教の布教

というような内容で、キリスト教でより幸福な人生を歩んでほしいといった

事も書かれていました。

 

その女性が「一度、遊びに来るつもりで立ち寄ってもらえたらうれしいです

お昼ごはんとか夕食をいつでもご馳走しますよ」と街中にあるビルの住所を

教えられました。

 

人を騙そうという下心は感じないし、噓を言っているようでもないし、

とても好感が持てる印象でした。

キリスト教には以前から少し興味があった事もあり、一週間ほどしてから

教えられた住所に行くことにしました。

 

その場所はビジネス街から少し離れた5階建てくらいの小さなビルの2階でした。

若い頃から方向音痴の私は同じところを何度も回りヘトヘトな状態でようやく到着。

お昼に着くつもりが、午後の2時頃になっていたような記憶です。

 

入口で声をかけると中から明るい声で「こんにちは、よくいらっしゃいました。どうぞ

こちらへ」と数人の男女の方が、快く出向いてくれました。

 

中に入ると20人程の若い方達(といってもその時は私が一番若かったかも)

が、グループになっていろいろな情報交換をしているようでした。

しかし、皆さん笑顔でお話をされていたので、その場の雰囲気はとても朗らかで

どこかのお宅におじゃましているような錯覚さえありました。

❝とても平穏な場所❞という印象。

 

「道に迷って、お昼ごはんまだなんですってね。カレーがありますけど食べますよね。

今日は私が作ったんですよ」と大盛りのカレーを御馳走になりながらいろんな話を聞い

たり話したりとても楽しい時間を過ごすことができて少し幸せな気分にもなりました。

 

その後、何回かおじゃまするうちに同時期に勧誘された数人で2日間の研修を受けに行

くことになり、その頃には数人と仲も良くなっていたのもあり軽い気持ちで受けたので

す。

キリスト教についての勉強会ではあったのですが、配られた資料を見ると

何やらこの団体の代表者の名前があり、「この人がキリストの再来、救世主なのです」

みたいなことが書かれている。

『なんが思ってたのと違うぞ!』と感じてその代表者の名前を見ると

文鮮明と書かれていました。

当時は全く何も知らなかったので『なぜ中国人がキリスト教?』くらいにしか

思いませんでしたが、今話題の『旧統一教会だったんですね。

 

その研修がきっかけでパッタリ行くのをやめたのですが、そこにいた方たちの

笑顔は、決して偽りではなく、人に対する思いやりの深い方ばかりで

教えに対して素直で、まっすぐな目をした方達でした。

 

研修後にいただいた手作りのカバーが着けられた心のこもった聖書は、

とても捨てられるものではなく、今も大事に持っています。

 

あの方たちは、信じることで大きな幸せを感じているのですからそれはとても

良いことであるのは間違いない事です。

 

ただ、そういったまっすぐで清らかな心を、「利用されていたのかもしれない」

と思うと、絶対に許せないのです。

 

あの方たちが今も、そのまま信者であり続けていたとしても

 

どうか幸せであってほしいと祈るばかりです。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。